昼からどんちゃん騒ぎ

sexy body

みなさんは昼キャバというものをご存知ですか?
その名前からも簡単に想像できるかと思いますが、昼に営業しているキャバクラのことです。
通常キャバクラは夜間営業なのですが、夜勤で利用できない方などのために開始されたのが昼キャバなのです。

大阪の十三では通常のキャバクラ営業も多いのですが、近年では昼キャバの数も急速に増えています。
十三の昼キャバはだいたい13~14時あたりから営業を開始します。
昼キャバを利用し、女の子たちに元気をもらってから夜勤に励むという方も少なくありません。
十三の昼キャバで働く女の子たちの多くは学生や若い主婦の方が多いです。
学校が休みの日に稼ぎにきていたり、旦那が会社に行った後、昼間の暇な時間に稼ぎたいなどの理由が一般的です。
そのため夜間営業のキャバクラと比べて、昼キャバは庶民的な雰囲気が強いのが特徴ですね。
派手な衣装も少なくなっています。
料金も夜にくらべると安くなっており、1時間5000円前後が十三では相場となっています。
通常のキャバクラのような高級感はないですが、営業の本質は同じなので充分に楽しんでいただけるかと思います。
お客様によっては昼キャバのほうが気楽に楽しめるから好きだとおっしゃってくれる方もいます。
また、夜のキャバクラはなんだかこわいイメージがあるから行きにくいというかたでも、昼キャバであれば気軽にご利用していただけるかと思います。
営業時間が早いため、アフターの時間を多く取れるのも昼キャバの魅力ですね。

阪急十三駅を中心として、昼キャバは多く営業しています。
キャバクラを体験してみたい、昼しか時間をとれないなどなど、理由はなんでもかまいません。
昼間から女の子と楽しくお酒を飲んで盛り上がってみませんか?
営業時間や出勤情報は各店舗のホームページにて掲載中です。
お気軽にご利用ください。